文系SE(システムエンジニア)です。仕事辞めたいと思った体験記。

私が大学卒業後、新卒として初めて社会に出た時から、SE(システムエンジニア)という職種に従事していました。
新卒でやる気のあった時から、仕事を辞めたいと思った瞬間の(実際に最後には辞めてしまいましたが)体験を記載させていただきます。

新卒で入社した会社はシステムインテグレータ。
お客様の事務所に出向しシステムの運用をする仕事でした。
大学は文系で、SE(システムエンジニア)とはまったく結びつかない分野で、苦労はすると思いましたが、研修もしっかりしているとの説明もあったので、入社を決めましたが、実際には入社後2か月の自習(しかも現場で使用しない資格の勉強)をしただけで現場に配属に。
会社の営業担当は「現場に先輩がいるのでしっかりOJTをしてくれる」との話をするだけ。

そして現場の先輩は3年目の自分と同い年(専門学校卒だった)。
人間として変な方ではなかったが、頼りがなく、自分のことで手いっぱいのようで、SE(システムエンジニア)業務の説明もほとんどなく見てるだけの日々でした。

そしてある日、システム障害が発生し、現場は大混乱。
右も左もわからなかった自分ですが、何かできることはないかと聞いて回るも、忙しくしている先輩達は対応できるはずもなく、、、。

システム障害がなんとか収まった時、現場の(お客様先)方から「ちゃんと仕事してもらわないと困る」とプレッシャーをかけられました。
新人だから甘えがあったのかもしれませんが、業務の引き継ぎ(説明)がしっかりしていない現場で、精神的につらく続けられるか不安でした。
この時に毎朝、SE(システムエンジニア)の仕事を辞めたいと思っていました。

結果的に、その時は退職してどこに行っても同じで、何かしなければ変わらないと思い、(幸い長時間労働の現場ではなかったので)自宅に帰りSE(システムエンジニア)の資格勉強をし取得していました。
知らないことは勉強すれば良いと思ったので、最終的40種程度の資格取得しました。

資格を取得する毎に、聞かなくても自分で解決することができるようになりましたし、人にも教えられるようになりました。
何も知らないけど教育環境が整っているからと安心し、何もしないと、結局はどこに行っても同じように仕事を辞めたくなったのだろうと今でも思います。
参考にしてください。

参考:SE辞めたい?理由は?仕事辞めて後悔しない?

仕事辞めたい