通勤地獄で仕事を辞めたい体験談。

私は自宅から2時間もかけて職場に通っています。
そして、あまりの通勤地獄に、こんな仕事は辞めたいと思っています。

その職場を選んだ理由は2つありました。
一つは、派遣会社から紹介された長期派遣の仕事だったのですが、急遽欠員が出てそれを補充するためにすぐに働けるということ。
そして、海外出張している両親に変わって実家を守らないといけないので、どうしても自宅からの出勤は外せないということです。

大学までは1時間半かけて通っていたので、それなりに耐性はついていると思っていました。
それどころか、派遣の仕事にしては珍しく交通費を全額負担してくれるので、ただで東京の色々な所に遊びに行けてラッキーとさえ思っていました。
しかしこれが大きな間違いだったのです。

私の出勤ルートは次の通りです。
まず、自宅から最寄り駅までは10分かけて自転車を使います。
それから東京の某駅の終点まで行きます。
乗車している時間は40分はかかりますが、相当運が良くないと座れません。
そこで乗り換えをして、酷い過密状態の満員電車に乗り込みます。

数分で東京駅に着くので、それから京葉線ホームまで歩いて行きます。
この距離が猛烈に長くて、非常にうんざりするのです。
京葉線にも30分近く揺られて、職場の最寄り駅からはバスに乗り換えます。

帰りは18時頃だったのですが、その頃になると余計に人混みも多く、更に神経がささくれ立ちます。
上野からの始発列車で座って帰るために、できるだけ電車の一番前の車両に潜り込んだり、駅に着くなり全力疾走しなくてはなりません。
これを毎日続けている生活で、私はかなり精神的に消耗してしまいました。

まさに通勤地獄です。。
こんな遠方の仕事は辞めたいです。
もう、うんざりです。

仕事辞めたい