交通警備員は甘くない!もう仕事辞めたいよ~。

私は以前、警備会社(S商事・主に交通警備員)に勤めていたことがあります。
まずその会社に入社して、早速この仕事辞めたいなと思ったのが、交通費支給無しです。

私は面接の時、全くそんなこと気にしてなくて、ただ働ければいいやと思っていたのです。
しかも会社から、交通警備員の現場までの交通費ですら出ないのです(冷汗)。

対応策といえば自家用車では無く、なるべく会社の車(4台程)が開いている時にそっちを優先的に使う事です。
何故ならガソリン代は会社の車だけに出してくれるからです。

更にこの仕事を辞めたいなと思ったのが、やたら遠い現場に廻され、しかも残業の時です。
私が住んでいる処は田舎なので、交通警備員の現場が遠くても道に迷う事はありません。
なので、最初はあまり気にせず頑張ってみようと、その現場に通ってみたのですが、やはりとても遠いのです。

朝4時起きで40分後位に家を出て、交通警備員の現場に着くのが6時50分頃で、仕事は7時半~残業込みで夜21時まででした。
つまり家路に着くのが夜11時過ぎで、風呂にも入らず飯だけ食って、直ぐ寝るを繰り返す訳です。

私は仕事中、会社に電話して専務にお願いしましたが、ダメの一点張りでした。
それと残業で缶コーヒーと菓子パン1つ出ましたが、雀の涙ほどの慰めにしかなりませんでした。
何とか2週間程粘って、その現場は勤め終えましたが、疲れが溜まっていたのか、自宅のトイレでゲロを吐いてしまいました(冷汗)。

他には、真冬の季節の雪が降り注ぐ日の交通警備員の仕事です。
とにかく鼻水が一日中止まらなくて、午前中鼻紙10枚、午後も10枚を必ずポケットに忍ばせていました。
雪が降り注ぐ日は、交通量も減り一般車両もそれ程通ったりしないので、鼻をかむことは出来るのですが、冷たい風を凌ぐことが出来ないのです。

寒い上に風が強く吹くとこんなにも厳しいモノなのかと、うんざりして流石に本当にもう辞めたいと思いました。
ですが、帰った後のお酒一杯と熱い鍋が、私の心を潤す対応策とでも言いましょうか、そのせいでまた中々辞められないのです。

真夏の暑い日も、炎天下(氷のペットボトル5本以上は準備しましょう)の中吐き気をしながら、一日中、交通警備員の仕事をやり顔を真っ黒にして帰宅した後のビール!
と結局中々辞められない訳ですが、そんな私にもとうとう会社を辞めたいと思って決心しました。
それは仕事がある時と無い時がある不規則な点です。

いきなり仕事が入るとかではなく、せめてシフト性で予定を組めることが出来る会社にしようと、トータル3年程勤務して辞めました。
今ではその頃程のストレスを感じなく別の職場で励んでいます。

仕事辞めたい

編集の仕事は激務。残業で体調を崩して辞めました。

27歳のころの話です。
私は学生のころから雑誌が大好きでいつかは雑誌の編集の仕事をしてみたいと思っていました。
しかし工学部出身なのでなかなかチャンスはなく機械のメンテナンスなど技術的な仕事をしていました。

結婚を機に退職し、新しい仕事を・・・と探し始めたときに雑誌の編集の仕事の求人を見つけました。
家から1時間以内で通うことができる場所だったので経験者歓迎と書いてあったのですが思い切って応募しました。
面接を受け、未経験でもフォトショップやイラストレーターを使うことができたためか見事採用されました。

仕事を始めると、大好きな雑誌がこうやってできていくのかと勉強になりとても刺激的でした。
最初は広告の製作ばかりでしたが、だんだんと記事や特集も担当させてもらえるようになりました。
取材に行ったり、ロケーション撮影で帰りが遅くなることも増えました。

いつも残業はありましたが、締め切りの前は終電まで働くのが普通でした。
外食する時間がないので食事はカップラーメンが多くなり、肌が荒れました。
1年ほどこの状態が続き、睡眠時間も足りなく体調を崩すことが多くなりました。

だんだんと鬱っぽくなってしまい、9階にある事務所の窓から飛び降りる想像をするようになったときにはマズイと思いました。
夫に相談すると体調を崩すから辞めたほうがいいと言われました。
新婚なのに私が忙しすぎることもよく思っていなかったようでした。

結局1年半で憧れだった編集の仕事を辞めてしまいました。
仕事は楽しかったのですが、忙しすぎて私にはムリでした。
職場の近くに住むか、暇な会社を選べば続いたかもしれません。

仕事辞めたい

調理の立ち仕事で腰が辛い!仕事を辞めたい体験談。

私が仕事を辞めたいと思ったのは、20歳の時でした。
その時、大学を卒業して就職が決まらず、とりあえずアルバイトをしていたところです。
そのアルバイトしていたのは、惣菜屋です。
そこでは、私が天ぷらの担当となりました。

天ぷらをあげる担当となったのです。
その担当になったときには、なんでも仕事を頑張るつもりでいました。
そのため、必死で作業を覚えて頑張ることにしたのです。

ところが数日勤務した時、とても辛いと思うようになったのです。
それは、立ち仕事なので、腰が凄く痛くなったのです。
そのため、休みながら行いたかったのですが、忙しい時だったので、そのことも言えずに頑張っていました。

すると、やっぱり耐えられなくなってしまい、座り込んでしまったのです。
その後は、病院を受診して入院をすることになりました。
結局のところ、椎間板ヘルニアになっていたのです。

早く受診をしていれば、手術の必要はなかったのですが、とてもひどくなっていたので、手術をすることになったのです。
そのため、立ち仕事のアルバイトを辞めることになりました。
そのことは、何かあった時に、やっぱり相談をすべきであったと反省をしています。
体は全ての基本となるので、そのことはとても大切しないといけなかったのです。

仕事辞めたい

建設会社の事務員ですが社長のイジメで仕事を辞めた体験談。

私は建設会社の事務員として5年間働いていました。
高卒で入ったので一番下の地位でしたので、最初は雑用係のような仕事ばかりでした。
社内は男性が圧倒的に多く、上司の人はみんな怖かったです。

でも一番怖かったのは社長でした。
とにかく大声で怒る人で、いつも誰かを怒っていました。
仕事のミスで怒られるのは納得できますが、気分で人に八つ当たりをするので本当に嫌でした。

そしてその矛先がだんだんと新人の私に向けられてきたのです。
最初はあいさつを無視されることから始まりました。

全然挨拶をしてくれなくなり2年間くらいそれが続きました。
社長が挨拶しないなんて考えられないですよね。

それからは小さいミスを2時間くらい叱られたり、トイレにいっただけでも怠けていると怒鳴られました。
セクハラも当たりまえで胸を触られたり抱きしめられたりしても文句も言えませんでした。
しかし次第にストレスを感じるようになり不眠になったり痩せてきたりして病院に通うようになってしまいました。

すると、欠勤が多いと文句を言われ、朝起きると頭痛が起きるようになり、両親も心配してくれてすべてを告白しました。
すぐに会社に苦情を言い退職をしました。
もっと早く辞めればよかったです。

仕事辞めたい

家族経営の建築業事務職です。社長の家族に文句を言われて辞めたい。

私の会社は建築業で家族経営で社員は4人ほど。
内務は私一人です。

私が就職したときは内務がもう一人いたのですが、職人が足りず外の作業に毎日駆り出されることになりました。
でも零細企業の為、事務員を増やすこともなくやってきました。

社長は私を採用するとき子供がいることも理解の上、「仕事さえできていれば、休んでもかまわない」ととてもよくしてくれています。
風邪で休むことも多々ありましたが、今までうまくいっていました。

今年に入って、子供がインフルエンザにかかり、休んでいる間に家族全員インフルエンザで倒れていました。
一週間ほどお休みをいただいたのですが、2人目の子供は熱が引いてまだ1日目、あと2日間休まないと通園できない状況でした。

しかし私しかできない仕事の期限が迫っていたので、子連れで出勤させて頂きました。
ところが、社長の家族の方に「休んでいる間大変だったのよ」と大丈夫?の一言もなく、愚痴を言われました。

事務の作業は家族の方はノータッチなので大変だったのは社長です。
家族の方が大変だったのは電話に出なきゃいけないから出かけれない。
電話にでても仕事内容がさっぱりわからないという愚痴でした。

迷惑おかけしたのは承知ですが、病気で倒れていたので、どうにもできない状況。
電話や出かけれない状況くらいで愚痴を言われるのはとても嫌でした。

なぜなら私は休みの間も仕事の電話は個人携帯にかかってきていましたし、文句を言われるほど仕事をほったらかしたつもりはありません。
仕事とは無関係な家族の都合で文句を言われるなんてとても嫌でした。
それからはもう話を聞いても右から左に聞き流しています。

仕事辞めたい