調理の立ち仕事で腰が辛い!仕事を辞めたい体験談。

私が仕事を辞めたいと思ったのは、20歳の時でした。
その時、大学を卒業して就職が決まらず、とりあえずアルバイトをしていたところです。
そのアルバイトしていたのは、惣菜屋です。
そこでは、私が天ぷらの担当となりました。

天ぷらをあげる担当となったのです。
その担当になったときには、なんでも仕事を頑張るつもりでいました。
そのため、必死で作業を覚えて頑張ることにしたのです。

ところが数日勤務した時、とても辛いと思うようになったのです。
それは、立ち仕事なので、腰が凄く痛くなったのです。
そのため、休みながら行いたかったのですが、忙しい時だったので、そのことも言えずに頑張っていました。

すると、やっぱり耐えられなくなってしまい、座り込んでしまったのです。
その後は、病院を受診して入院をすることになりました。
結局のところ、椎間板ヘルニアになっていたのです。

早く受診をしていれば、手術の必要はなかったのですが、とてもひどくなっていたので、手術をすることになったのです。
そのため、立ち仕事のアルバイトを辞めることになりました。
そのことは、何かあった時に、やっぱり相談をすべきであったと反省をしています。
体は全ての基本となるので、そのことはとても大切しないといけなかったのです。

仕事辞めたい

建設会社の事務員ですが社長のイジメで仕事を辞めた体験談。

私は建設会社の事務員として5年間働いていました。
高卒で入ったので一番下の地位でしたので、最初は雑用係のような仕事ばかりでした。
社内は男性が圧倒的に多く、上司の人はみんな怖かったです。

でも一番怖かったのは社長でした。
とにかく大声で怒る人で、いつも誰かを怒っていました。
仕事のミスで怒られるのは納得できますが、気分で人に八つ当たりをするので本当に嫌でした。

そしてその矛先がだんだんと新人の私に向けられてきたのです。
最初はあいさつを無視されることから始まりました。

全然挨拶をしてくれなくなり2年間くらいそれが続きました。
社長が挨拶しないなんて考えられないですよね。

それからは小さいミスを2時間くらい叱られたり、トイレにいっただけでも怠けていると怒鳴られました。
セクハラも当たりまえで胸を触られたり抱きしめられたりしても文句も言えませんでした。
しかし次第にストレスを感じるようになり不眠になったり痩せてきたりして病院に通うようになってしまいました。

すると、欠勤が多いと文句を言われ、朝起きると頭痛が起きるようになり、両親も心配してくれてすべてを告白しました。
すぐに会社に苦情を言い退職をしました。
もっと早く辞めればよかったです。

仕事辞めたい

家族経営の建築業事務職です。社長の家族に文句を言われて辞めたい。

私の会社は建築業で家族経営で社員は4人ほど。
内務は私一人です。

私が就職したときは内務がもう一人いたのですが、職人が足りず外の作業に毎日駆り出されることになりました。
でも零細企業の為、事務員を増やすこともなくやってきました。

社長は私を採用するとき子供がいることも理解の上、「仕事さえできていれば、休んでもかまわない」ととてもよくしてくれています。
風邪で休むことも多々ありましたが、今までうまくいっていました。

今年に入って、子供がインフルエンザにかかり、休んでいる間に家族全員インフルエンザで倒れていました。
一週間ほどお休みをいただいたのですが、2人目の子供は熱が引いてまだ1日目、あと2日間休まないと通園できない状況でした。

しかし私しかできない仕事の期限が迫っていたので、子連れで出勤させて頂きました。
ところが、社長の家族の方に「休んでいる間大変だったのよ」と大丈夫?の一言もなく、愚痴を言われました。

事務の作業は家族の方はノータッチなので大変だったのは社長です。
家族の方が大変だったのは電話に出なきゃいけないから出かけれない。
電話にでても仕事内容がさっぱりわからないという愚痴でした。

迷惑おかけしたのは承知ですが、病気で倒れていたので、どうにもできない状況。
電話や出かけれない状況くらいで愚痴を言われるのはとても嫌でした。

なぜなら私は休みの間も仕事の電話は個人携帯にかかってきていましたし、文句を言われるほど仕事をほったらかしたつもりはありません。
仕事とは無関係な家族の都合で文句を言われるなんてとても嫌でした。
それからはもう話を聞いても右から左に聞き流しています。

仕事辞めたい

看護師です。更年期の体調不良で仕事辞めたいです。

まさに今です。
この年になると、(50歳)人間関係で仕事を辞めたいというより、体調不良の問題です。
更年期障害恐るべし、完璧なめてました。

元気がとりえの私、看護師の夜勤で体調不良のスタッフの穴埋めを何度もしてきました。
更年期で徐々に体力も落ちてきて、腰椎ヘルニアにはなるは、不正出血から貧血にはなるは、突発性難聴にもなりました。

突発性難聴になる頃には、精神的にも、体力的にも、かなり限界を感じていたように思います。
職場の人間関係は良いのだけれど、体力の減退になかなか回復しない事へのストレスが尋常ではなかったように思います。
とうとう限界がきて、身体が動かなくなり、現在長期のお休みを頂いてます。

仕事復帰のことも考えるのですが、体力勝負の仕事、忙しい病院でまた、私が体調不良だと、他のスタッフに迷惑かけてしまう。
手袋で手は荒れるし、腰も痛くなる、夜勤も出来ないと、慣れない外来勤務になるかもしれないし、などなど、転職を考えなさいという方向が見えてきました。

まだ結論は出していません。
更年期障害の体調不良が治った時に、もしかしたら復活出来るかもしれないとも思えるからです。
でも、人生の転機かもしれないので、転職も検討に入れつつ、年金がもらえるようになれるまでの人生を考えています。

仕事辞めたい