両親のケンカが嫌で仕事を辞めて実家を出ることを考えた。

私は地元の高校を卒業したまま、近所の埼玉の製造業の工場に勤めていますが、仕事を辞めたいと考えたことがありました。
それは家族の問題です。
18歳で製造業の工場に就職後の4年後くらいから、実家の両親のケンカが多くなってきてしまい、私の家の雰囲気が苦しくなりました。

仕事から帰宅後もケンカのときは耳をふさいだり、イヤホンで音楽を聴いたまま過ごすことが増えてきました。
両親の離婚の未来を感じてしまい、元から友達のような仲がよい親子ではないことからさらに敬遠するようになりました。

これまで以上に私は両親を避けるようになってしまい、両親も私を避けるようになっていきました。
高校時代の友人にこのことを話したところ、一度は地元を出てみると考え方に変化が生まれ、地元を出ると両親や実家のありがたみが沸いてくるものだと返答されました。

友人は相談にのってくれたついでに東京のルームシェアを誘われましたが、それは同時に地元を離れるということは、5年間勤めた地元の製造業の工場を辞めることを意味しています。
重要なことなのでじっくりと考えることにしましたが、なかなか実家を出る決断できずに近所で幼い時から目をかけてくれた60代のおばさんに相談しました。

おばさんは私の性格を理解してくれている数少ない存在で、臆病者の私が地元に留まるほうがよいのではないかとアドバイスをくれました。
新しい仕事を見つけるのも大変だろうしせっかく安定している仕事をわざわざ辞めてまで、実家を出て東京に行く必要はないとさとしてくれました。

私の心はこの瞬間に決まりました。
両親のトラブルがあっても地元に残るほうが私の将来にとって得策だと判断できました。
その後も両親のケンカはたびたび続きますが、離婚の気配がなくケンカの回数が少なくなったため、製造業の工場を辞めずによかったと感じています。

派遣のデータ入力の職場を辞めたいと思った体験談。

通信関係の会社でデータ入力の派遣で働いていたことがあります。
この仕事では、派遣元の会社から派遣会社に派遣されさらに通信会社へ派遣されるという複雑な形式での雇用でした。
そのため、通信会社そのものの情勢に関する情報が非常に乏しく、かなり働きづらい職場となっていました。

仕事そのものは、データ入力を中心に事務作業なども行っていたのですが、上司がパワハラな対応をする人でした。
作業手順をメモに取っただけでも、メモをとるなと怒鳴るような人でした。
精神的に、ちょっとおかしな人だったと思います。
ちょっとしたことでもすぐに怒りだし、給料を出さないなどの発言も度々するため、非常に萎縮してしまい、職場に居づらい状況もあり、仕事を辞めたいと思うようになりました。

また、同時期にこの職場に入ってきた人が、初日から次々と辞めていくという状況にありました。
日増しにデータ入力の仕事がどんどんやりづらくなっていきました。
しかも、制服が貸与されるということでしたが、その制服もなかなか支給されず、多くの社員が制服で仕事をしている中、私服で仕事をしなくてはならないのも精神的に厳しいものがありました。

データ入力の仕事は、結局派遣元から試用期間内に一方的に派遣の打ち切りを通告され、辞めざるを得ない状況になって辞めたのですが、派遣の打ち切りが無くても長くこの仕事ができたかというとあまり自信はありませんでした。
結局、すぐに辞めたと思います。

新人SEが開発できないので仕事を辞めた体験談。

私は新入社員の時、アプリケーション開発の新人SEとして働いていました。
今思えば、パソコンが大の苦手なのに、SEに就いたのもどうかと思いますが、あまりにも理不尽なことが多すぎて辞めてしまいました。
私は、落ちこぼれやクビにしたいくらい仕事ができないと、三年目になるまで言われ続けていました。

また、OJTのSEの先輩も仕事ができない人で、質問しないでほしいと言われ、誰にも相談できない状態が2年続きました。
さらに部署の売り上げが下がったことも私のせいにされました。
新人SEの私がやっているような仕事は、大して大きな案件ではないだろうと思っていたのですが、どうやら大きな案件だったようでした。
私の出した損害はとても大きく膨れ上がりました。

SEの仕事ができないのに、異動することも許されませんでした。
なぜアプリケーション開発できないのに開発部署に所属させられてるのか甚だ疑問でした。
開発部署でも孤立し、とても居心地の悪い思いをしていました。
開発会議で私が司会をやっているときの空気は凍っていました。

とうとう後輩にまで私のせいにされて、とうとう私は社長に退職願のメールを送りました。
なぜ上司に伝えなかったのかというと、上司すら信用できなかったからです。
社長と面談し、開発から別の部署に異動することもできると言われましたが、異動しても何もできないと思い、退職しました。

挨拶もしないで辞めました。
私は会社中から嫌われていました。
だから、会議の時みたいに空気が凍っている状態で挨拶したら過呼吸で倒れると思ったので、挨拶せず辞めました。

私は、精神がおかしくなる前に辞めてしまってもいいと思います。
逃げたっていいのです。
それよりも自分の精神的な健康の方がよっぽど大事です。

理不尽な上司が嫌で仕事辞めたいです!

私は、車の製造関係の職種で仕事をしています。
過去に、もう仕事を辞めたいと思った事が何度かありました。
特に辞めたいと思った時は、上司からの理不尽な言葉を投げかけられた時です。

私が企画した案件に対して企画を盗んだような言い方をされたのです。
上司自身は、企画だけして一切仕事を進めていなかった為、私が引き継いで進めていった所、激怒されたのです。
他の同僚がいる中で激しく叱責された時は、もうこんな会社辞めてやろうと思ったのです。

あまりの理不尽な上司の対応にショックを受けましたが同僚が心配をしてくれていろいろとフォローをしてくれました。
その為、辞める事無く今も同じ職場で働いています。

それ以外でも度重なる理不尽な上司の言動に今も苦労をしていますが、まともに話を聞かないように対応をしています。
言われた事に対して話半分に聞いておいてまともに取り合わないようにしています。
プライベートの話も余りしないようにして、距離を置くようにしています。

自分に非があって叱責される場合は、自分でも納得がいきますが、非が無い事で理不尽に叱責されるのは、本当に嫌で悔しかったです。
今も仕事を辞めたいと思う時がありますが、余り深く考えないように心掛けて日々業務を行ってています。