アルバイトの販売員が仕事を辞めたいと思った体験談。

20代前半の時、紳士カジュアル衣料の販売員として勤務していました。
販売員は初めてだったので、時間給のアルバイト採用でした。
アルバイトと言っても一日8時間勤務の週5日、社員と勤務形態は全く同じでした。
初めは、販売員としても不慣れだし、アルバイトであることに不満はありませんでした。

しかし二年以上勤務を続けていると、店長補佐のような仕事までこなすようになってきたんです。
4-5人いる他のパートやアルバイト販売員さんの指導であったり、勤務シフトの作成であったりと店舗運営では重要な役割です。
20代半ばを過ぎて、仕事に慣れれば慣れるほど、お給料や待遇面で不安が生じるようになってきたんです。

他の店舗ではアルバイトから正社員の登用される人がいると聞いていたので、会社の上司に正社員として勤務したい旨をお伝えしました。
アルバイトのままでは生活出来ないからとはっきり伝えると、女性の社員枠は少ないので出来ないという返事です。

店長や他の正社員の販売員さんは男性ですが、長期間働いているアルバイトの仕事とそれほど業務内容は変わりません。
女性だからという理由で社員登用できない会社で、もうこれ以上働けないと思い仕事を辞めたいと思うようになりました。

自分が努力することで変化が訪れるなら仕事も頑張れますが、この理由では無理です。
三か月後に辞めて転職に向けて動き出しました。

仕事辞めたい

会社が潰れそう!仕事辞めるかどうか悩んだ結果。。

以前、仕事をしていて、辞めたくなったときがありました。
その会社は大企業でしたが、途中から経営状況が悪化して、労働環境や待遇が悪くなる一方で、このままで潰れそうだと考えていました。
私は、その会社に10年以上勤めていて、仕事も一人前になってきた頃でしたが、逆にマンネリ化していた部分もあり、一人で、この仕事を辞めたほうが良いのか、悩むようになったのです。

勿論、大学卒業後から長く働いてきた会社だったことから、また一から他の会社でやり直すことは気が引けたのは確かです。

しかし、どうしてもこのまま潰れそうな企業で働くのは、将来が不安でなりません。
辞めたい気持ちが強くなっていましたが、こういう時には、一人で悩むのは良くないと知っていたので、仕事関係以外の人に意見を聞きながら、ネットや書籍などで、様々な情報を集めたのでした。
そこで分かったことは、やはり、転職はかなり大変なものだと言うことです。

仮に、同じ職種の仕事に転職できたとしても、環境の違う場所で、今までどおりの成績を求められながら、人間関係も一からやり直すしかありません。
独り身の私としては、とても耐えられないでしょう。
下手をすれば、体を壊しかねません。

結局、私は、潰れそうな、その会社にとどまることにしたのです。
今思い返しても、自分のスキルと、生活状況、そして、世間の転職事情を考えても、その時の判断は間違っていなかったと思っています。

最終的には、その会社は潰れてしまいましたが、結局、他の会社が買い取ったことから、私は、その会社で今まで通り働けることができたのでした。
やはり、こういう重大な問題は、一人で悩まず、人に相談することが肝心だし、また、総合的に俯瞰して考えてみることが大切だと思いました。

仕事辞めたい

飲食店勤務です。上司のマネージャーが仕事しないので辞めたいです!

今現在は飲食店で働いていますが、実は昨年から働き出したのでようやく半年経ったぐらいです。
最初こそ割と働きやすい職場だと感じたりして内心嬉しく思っていたのですが、この一ヶ月ほどは全く逆で新しい仕事を探そうかなと思っています。

人間関係はまずまずですが、何しろ肝心のマネージャーがだらしない。
決して悪い人ではないんでしょうがほとんど仕事をしないのです。

その分部下同士の結束力はあるのでそれだけは救いなのですが、詳しく聞くとその仕事をしないマネージャーだけがやたらと給料が高くて、その煽りで私たちのボーナスもカットされるとのことなのです。

飲食店としての売り上げはノルマをクリアしていながら、マネージャーの配慮がないためにその恩恵が全くない。
しかも営業中は裏の休憩室でずっとゲームやっています。

それなりに忙しい飲食店ですが、忙しいタイミングに限って裏に行ってしまうタイプなんです。
タバコ片手にコーヒー飲みながらゲームに興じている姿を見ると腹立たしくてなりません。

同じ会社の他の事業部は高給待遇らしいのに、我が部署だけは例外なようです。
その怠け者のマネージャーの一人勝ち的な報酬システム。
まだ決断はしていませんが、いずれブチ切れて辞めることになるような嫌な予感がしているこの頃です。

仕事辞めたい

ドラッグストア正社員、上司が嫌で仕事を辞めた体験談。

私はドラッグストアで働いていたのですが、この時に辞めたいと思った理由が2つありました。

1つ目はとにかく上司に怒られてばかりの毎日だったからです。
正社員だったため、しょっちゅう売り場のテーマやコンセプトなどを考えて計画しなければならない立場にありました。

しかし何度その計画を考えて上司に提出してもボツにされてしまうのです。
そしてあれやこれやと説教をされます。

このことが心の底から嫌でたまりませんでした。
上司の顔を見ることさえ嫌になっていました。

仕事が休みでプライベートの時でさえ頭の中に嫌な上司の顔が浮かんでしまうことが何度もありました。
相当病んでいたと言っても過言ではないと思います。

2つ目の理由は、給料体系が変わってしまったことです。
出世をすればこれまで以上に多額のボーナスをもらえるようになりました。
しかし逆に数年以内に出世できない場合にはボーナスを一切もらえなくなってしまうという仕組みです。

毎日怒られてばかりいる私に出世できる可能性などありません。
つまり近いうちにボーナスがなくなります。

しかし今から全くの異業種に就くことも色々と大変なので、違うチェーンのドラッグストアに転職しました。
そこは優しい上司なので今の所は上手くいっています。

仕事辞めたい

仕事を辞めたいと思う原因は人間関係と給料。

仕事を辞めたいと思う事は、何かしらの仕事に就いた人であれば誰もが思う事ではないでしょうか。
色々思う所はあると思いますが、原因をデータ的に見ると意外にも給料が原因で辞める事は少ないのです。

では何が原因かというと、トップは圧倒的に人間関係なのです。
同僚と上手くいかなかった、上司が理不尽な命令を出してきた…等がメインで、そこにはお金以外の理由があります。

自信の経験を思い出してみても、辞めたいというのは揉めた時ではないでしょうか。
トラブルが起こっても、仕事である以上相手とは会わなければいけませんし、こちらの立場が下だと余程の事でない限り従わなければいけません。
決定的な仕事を辞めたいと思う瞬間は、これ以上嫌いな誰かの顔を見たくないと感じてしまった時です。

ただ原因が分かっても、こればかりはどうにもならないのが事実です。
転職経験がある方は実感すると思いますが、会社に入る前は給料をメインに考えます。
ですがいざ働き始めると給料の事より、人間関係に心を磨り減らすのです。
入るまで内部の人間関係は分からないので、対策も取れません。
結果、同じ理由で辞める事も珍しくありません。

給料は殆どが登録口座に毎月勝手に振り込まれるので、そう意識する事もないのです。
ただ全体的に見ると、給料が高い会社の方が人間関係も悪くないという例が多いのも事実です。
結局、多く貰っていればある程度社員の心の余裕があるという事なのでしょう。

給料を貰えているから空気がいいのか、望むほど貰えないから空気が悪くなるのか。
どちらが先なのかは分かりませんが、ままならないものです。

仕事辞めたい