編集の仕事は激務。残業で体調を崩して辞めました。

 

27歳のころの話です。
私は学生のころから雑誌が大好きでいつかは雑誌の編集の仕事をしてみたいと思っていました。
しかし工学部出身なのでなかなかチャンスはなく機械のメンテナンスなど技術的な仕事をしていました。

 

結婚を機に退職し、新しい仕事を・・・と探し始めたときに雑誌の編集の仕事の求人を見つけました。
家から1時間以内で通うことができる場所だったので経験者歓迎と書いてあったのですが思い切って応募しました。
面接を受け、未経験でもフォトショップやイラストレーターを使うことができたためか見事採用されました。

 

仕事を始めると、大好きな雑誌がこうやってできていくのかと勉強になりとても刺激的でした。
最初は広告の製作ばかりでしたが、だんだんと記事や特集も担当させてもらえるようになりました。
取材に行ったり、ロケーション撮影で帰りが遅くなることも増えました。

 

いつも残業はありましたが、締め切りの前は終電まで働くのが普通でした。
外食する時間がないので食事はカップラーメンが多くなり、肌が荒れました。
1年ほどこの状態が続き、睡眠時間も足りなく体調を崩すことが多くなりました。

 

だんだんと鬱っぽくなってしまい、9階にある事務所の窓から飛び降りる想像をするようになったときにはマズイと思いました。
夫に相談すると体調を崩すから辞めたほうがいいと言われました。
新婚なのに私が忙しすぎることもよく思っていなかったようでした。

 

結局1年半で憧れだった編集の仕事を辞めてしまいました。
仕事は楽しかったのですが、忙しすぎて私にはムリでした。
職場の近くに住むか、暇な会社を選べば続いたかもしれません。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法