パソコン仕事は目が疲れる!辛くて仕事辞めたい時は?

 

私はパソコンを使った仕事を、もう長年続けています。
具体的には、デザイン系の会社でホームページ制作やロゴを考えています。
こういう仕事では、様々なソフトを使って見直しをします。
私はその作業の繰り返しで目が疲れて、視力が非常に悪くなりました。

 

実際に私が嫌だったのは完成したデータが消えることでした。
以前はパソコンがフリーズして資料が全滅したことがあります。
しかしそれだと作業にならないので徹夜をしました。
その時は、目が疲れるあまり、頭痛や吐き気などの体調不良を感じて仕事を辞めたいと思いました。

 

私はストレスの影響で体調が悪くなる経験もしています。
特にデザイン関係の仕事では一人の作業が多いです。
話し相手もいないので、完全に孤独な作業でした。
それで嫌になって、会社を何度も休んでいました。

 

こういった体調不良で、私はパソコン関連の仕事を辞めたいと思っていました。
しかし学生時代に習得したのはパソコン系のスキルばかりです。
その現実を考えると、辞めても別の選択肢はないと思うのです。
特に私はこういう自分の人生も嫌になることが多いです。

 

私を目の疲れから救ってくれたのは、ショッピングの際に偶然勧められた新しいメガネです。
パソコンに強いメガネで、このおかげで仕事を続けることができました。
こういう体調不良対策を考えれば、目の疲れも軽減されますし、気持ち的にも前向きになれますよね。
目が疲れる仕事は大変なので、リラックスも必要だと思います。

 

パソコン仕事は体調不良になりやすい

 

仕事を続けると何かの疑問を覚えることがあります。
私はIT関係の仕事で何度も辞めたいと思っていたのです。

 

その理由はコンピュータの使用で頻繁に体調不良が起こったからです。
体調不良が続くとストレスもあったので本気で辞めたかったです。

 

例えばパソコン関連の仕事なら残業や過剰な労働があります。
私もそれを経験して目が非常に悪くなった記憶があります。

 

具体的には視力が落ちて2回くらいメガネを交換しました。
その瞬間に、この仕事辞めたいと思うようになっていきました。

 

実際にはお金が欲しいので、パソコン関連の仕事は続けました。
しかし体調不良でストレスはあったので、頻繁に会社も休んでいました。

 

今になると会社の方から必要ないと言われる可能性も高かったです。
私はパソコンが得意なので仕事では結果を残すことが多かったです。
データ処理やプログラミングなども得意ですが、体調には悪影響がありました。

 

パソコン関連の仕事は目を酷使して体調不良が多くなります。
具体的には、目の他に頭と肩も痛かった記憶があります。

 

そして酷い場合には腱鞘炎になって指が動かせないのです。
これは過剰にキーボードを使用していることが原因でした。

 

腱鞘炎の対策としてはキーボードの交換が挙げられます。
私はキーボードを交換して何とか対処しました。

 

それで仕事も楽になって、体調不良からくるストレスもある程度は減りました。
しかし目の方はパソコンを使うので非常に辛かったです。

 

私は、仕事辞めたいという気持ちを抑えるために努力しました。
ここで役立ったのは趣味を持つことで、ストレス解消ができました。

 

映画鑑賞や音楽を使うと、リラックスすることができるのでお勧めです。
パソコンを使う仕事では、リラックスする場面も必要でした。

 

結局は上手くストレスをコントロールして仕事を続けました。
大人なので気持ちのコントロールも仕事には含まれると思います。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法