腰痛がひどくて看護師辞めたいと思った体験談。

 

仕事をしていて、体に変調があると仕事を続けることが出来るのか不安になって、辞めたいと思うようになります。
この私も不安になったことがあります。
それは、病院で働いていて、腰痛がひどくなり看護師を辞めたいと思ったことがありました。

 

その時、自分で腰痛になると思っていなかったのです。
ところが、患者さんを持ち上げた時に腰に異様な痛みがあり、その後に動けなくなったのです。
その時は、緊急でその働いている病院の整形外科を受診することになったのです。

 

その後、椎間板ヘルニアと診断されてしばらく安静にすることが必要となり、腰痛で看護師の仕事を休むことになったのです。
その時はかなりショックでしたね。
それは、職場が変わったばかりだったので、とてもショックでした。

 

部署が変わると、その部署でこれから頑張ると思った時だったからです。
その時にとんでもないことが起きたのです。
同じ部署で働く看護師にとても迷惑をかけてしまうと思って、そのことが一番心配でした。

 

そしてその次に心配と思ったのは、やっぱりこれから看護師の仕事に復帰することが出来るのかということです。
その部署では、患者さんが動けない人が多く、復帰をしたとしても今後のそのようなケアをすることがあるからです。
腰痛がひどくなると、その後も注意が必要です。

 

そのため、仕事に復帰することにとても不安がありました。
そしてそのことを、上司に素直に伝えることにしたのです。

 

すると、上司が部長に相談をしてくれて、その部署から外来勤務に移動をさせてもらうことができたのです。
外来に復帰後は、とても働きやすいです。
それは、本当に良かったと思っています。

 

もしも我慢をして働き続けることになったら、多分また腰痛でひどくなって、看護師を辞めたいと思ったでしょう。
自分で相談したことは、適切な判断だったと思っています。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法