ワンマン上司のパワハラにうんざり!あ〜早く仕事辞めたい!

 

私が勤めている会社は規模が小さく、一人の上司が全てを管理及び指揮しています。
経営者の親族というのもあって、権力は絶大です。
ところが、その人は絵に描いたようなワンマン上司で、管理はずさんで指示は曖昧なものが多く、スタッフの中では仕事を任されることを皆恐れています。
必ず怒られる羽目になるからです。
私は何度か上司から仕事を任された事があります。

 

指示通りにしていたつもりが、結果を出せない私にうんざりしたのか個人的に呼び出されて説教をされました。
私は指示通り仕事をしたことを主張したのですが、ワンマン上司は全く聞き入れません。
大声で怒鳴りつけるだけで話しを聞く気は無く、1時間にわたり怒鳴られ続けた私は精神的に落ち込んでしまい、数日間憂鬱な気分でした。

 

他にも給料が少なく、残業代も殆どでません。
上司曰く、それは当たり前のことで、今の時代働く職場があるだけでもましだという事を言っていたと先輩から聞き、私はとても頭にきました。
でも自分は高給取りで、会社の経費も使い放題です。

 

上司はお金の使い方が派手で、そのお金は社員の労力で生まれたお金という考えもありません。
それどころか高額な腕時計やギャンブルで大損したと平気で社員の前でいうのです。

 

現在、私は転職を考えており、他の社員も扇動して一緒に職場を辞めたいよね!と言って計画を立てています。
職場へのダメージはそれほどないとは思いますが、ワンマン上司の支配する職場から解放されると考えただけで、転職に向けての気力を失わずにがんばれています。
あ〜早く仕事辞めたいです!!

 

ワンマン上司のパワハラ

 

今の日本の企業は仕事の能力もないのに年齢を重ねたという理由だけで、役職を付けることが多いです。
しかしそういう人が上司になると、下についた人は大変です。
一定以上の役職がついているのであれば、人権研修などはキチンと行うべきだと思います。

 

最近ではパワハラやセクハラに関わる事件が増加をしています。
被害者が仕事を辞めたいと思うだけでなく、命を絶ってしまうことも少なくはありません。
加害者側には犯罪意識がないのも問題です。

 

役職者というだけで、ワンマン上司になってパワハラをしたり、セクハラをすることも実際には起こっています。
逆らうことが出来ない環境になっているのも問題です。
キチンと立ち向かうことは大切ですし、立ち向かって、ワンマン上司が処罰を受けることにより、再発を防止することができます。
放置をしていると、再び被害者が増えてしまいます。

 

ワンマン上司のストレス発散で部下を怒鳴りつけたり、小学生のいじめに近いことを行っている人もたくさんいます。
仕事上の重要なことを伝えない、挨拶もしない、ということもあります。

 

パワハラだと感じたのであれば、キチンとした機関に相談をすることも必要です。
その際には会社の窓口は避けたほうがよいです。
実際に会社のパワハラ窓口に相談をして事実を隠ぺいされたり、握りつぶされた人もたくさんいるので、公的な機関のほうがよいです。

 

なんのための法律なのか

 

2〜3年前ですが、パワハラの被害に遭い、仕事を辞めました。
女性はイコール奴隷という考えのワンマン上司がおり、その被害に遭ってしまったのです。
もう仕事辞めたいと何度も思いましたが、踏みとどまり、様々な嫌がらせにも負けないように頑張ってきました。

 

その結果、体調を崩しました。
それでもワンマン上司の嫌がらせに負けたらいけないと思って、薬を飲んだりしてごまかしながら仕事をしてきました。

 

しかしその我慢が限界を超えてしまったパワハラがありました。
それが誹謗中傷のメールです。
誹謗中傷メールを流され、犯人はワンマン上司だと分かっていたのですぐに抗議をしました。

 

相手はそれを待っていたようでした。
その抗議を「口答えをした、態度が悪い」ということにして、「明日から仕事に来るな」と言われたのです。

 

会社のパワハラ相談室にも通報をしたところ「うちの社員がそんなことをするはずがない、話を作るな」と怒鳴られました。
労働基準法違反でもあったので、監督署に通報をしました。
通報をしたことが分かった途端、退職届を要求されました。
退職届を出さなければ、失業保険を受け取るための書類は出さない、と言われてしまい、辞めたいわけではないのに、退職届を出してしまいました。

 

その後、会社側は退職届があるので、自己都合退職という主張をしてきました。
こんな違法なパワハラが平然を行われている。
取り締まらなければいけないのが法律なのに、何かあってから調べる今の制度はちょっとおかしいと思います。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法