女性の整体師です。目が覚めて一番に思うのは仕事を辞めたいという事。

 

この仕事がしたい!と夢や希望を抱いて入った業界でも、辞めたくなる時は誰しもあります。
仕事は楽しいばかりではありませんので、社会人になって必ず一度は頭によぎることだと思います。
かく言う私も、憧れを抱いてやる気満々で始めた仕事を、数か月で心から辞めたいと思ったことがありました。

 

私がやっていた仕事はリラクゼーションサロンの整体師です。
この業界は不景気の煽りを受けやすい業界で、近年サロンの数はどんどん増えていますが、それだけ潰れる店も多いです。
セラピストや整体師のほとんどは若い女性で、この職業に熱意と憧れを持って入ってきます。
私もそのうちの一人でした。

 

しかし、実際に働いてみると『休めない』『帰れない』『生活できない』の三重苦。
休日は無く、サロンに泊まり込むなんて日常茶飯事。
完全歩合制なのに売り上げも無いから一か月の給与は酷い時で2万円行くか行かないかという事も。

 

さすがにこんな職場だと生活のために「辞めたい」と思いました。
しかし、やりたくて始めた仕事を投げ出して良いものかとも思いました。

 

そんな時、『天使にラブソングを2』という映画に出てきた台詞を私は思い出しました。
音楽を続けるか悩む生徒に、主人公のシスターが「朝目が覚めて、一番最初に歌いたいと思ったら音楽を続けなさい」という言葉です。

 

私は朝起きて、すぐに思ったことは「辞めたい」でした。
これで自分の気持ちに踏ん切りがつき、かなり強引ではありましたが、仕事を辞めることに成功しました。
どんなに憧れがあっても、現実が厳しければ見直さなければなりません。
必ずと言って良いほど葛藤がありますが、朝一番最初にどんな考えが浮かぶかに自分の今後を委ねるのも良いかもしれません。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法