創業者の社長がワンマンすぎて仕事を辞めたい!

 

大手外食チェーンの運営本部にて勤務しています。
うちの会社は、創業者のオーナー経営でよくいえばトップダウンですが、悪くいえば、典型的な「ワンマン社長」です。

 

定例会議で、ワンマン社長が思いつきで発した言葉は、絶対的な命令となります。
働く限り、その意思に従ったロボットとなって働くしかありません。

 

例えば、ワンマン社長が「定時退社なんかする奴はやる気がない!かといって無駄に残るやつもダメだ!」
というと、その言葉が全社員の空気の中に溶け込み、実際に定時(17時30分)で帰ろうとすると、担当部署の上司から「もう帰るのか?(ふざけるな)」と言われ、かといって19時くらいまで残ろうとすると、「電気代の無駄だ、無能野郎」などとののしられます。

 

うちの会社では、労働者の権利や法律などよりも、ワンマン社長の意向が絶対なのです。
男性社員の場合は上司の理不尽なパワハラに悩んでいる人が多いですが、女性社員の場合は、あからさまなセクハラの被害に悩んでいる人もいるらしくて、本当にかわいそうに思います。

 

対抗策ですが、はっきりいって辞めるしかないと思いますし、辞めたいです。
実際にものすごい勢いで人が辞めるので、常に募集をかけています。

 

「うちの会社の仕事がすべてじゃない」。
そう割り切って、転職活動に目を向けたいと思います。
そこに自分の積極性を費やそうと考えています。

仕事を辞めたい時は、まずは転職サイトに登録しましょう!
職場の人間関係、業務内容、給与等の待遇で辛い思いをしているかもしれませんが、目の前の収入も大事ですよね。
当サイトで紹介している転職サイトでは、公開・非公開問わず多くの求人企業を探すことが可能です!


仕事辞めたい病の体験談|辞めたい理由と後悔しない方法