仕事辞めたい3年目!会社を辞める転職タイミングは3年目?!

 

新卒で入社して仕事を頑張ってきたけど、もう辞めたいと思っている人も多いと思います。
入社してすぐ辞めるのは、さすがに甘えだと転職の面接でも思われますが、3年目になっているなら、、そろそろ辞めても大丈夫かもしれません。

 

1年目〜2年目に一通りの業務を経験したものの、自分には向いていない、もっと他にやりたい仕事があるなどの理由が認められやすいからです。

 

仕事は辛い!とりあえず3年は頑張ったほうがいい?

とりあえず3年頑張れ、というフレーズは今でもよく耳にします。
1年目と3年目で何が違うのかと思ったこともありましたが、採用する側になってみると、やはり短期間で退職する人は信用されません。

 

正社員の場合、採用するにも安くないコストが掛かっています。
もちろん、仕事を辞めたいのは本人の自由ですので、辞めたければ辞めても構いませんが、どうせすぐ辞める忍耐力のない人物だと見られる覚悟は必要です。

 

仕事が覚えられない、ミスで怒られてばかりの3年目なら転職を検討

3年目であれば、それなりの業務を経験しています。
仕事を頑張ったけれど、自分には向いていない、未来がないので辞めたいと思ったなら、転職した方が良いかもしれません。

 

綺麗ごとを抜きに言えば、やはり人には向き不向きがあります。
まだ若くてやり直せる間に、自分の力を発揮できる仕事内容や会社に転職することは、自分の人生にとってもプラスになるでしょう。

 

3年目で仕事辞めたいけど悩み中なら転職のタイミングではない!

悩んでいるなら、無理に仕事を辞める必要はありません。
3年目だろうが、30年目だろうが、仕事を辞めたい気持ちはどこかしらにあるものです。

 

絶対に辞めたい!という強い気持ちがないということは、それなりに現在の会社に適応しつつあるのかもしれませんよ。
現在の会社を辞めても、やりたい仕事がないなら、転職タイミングではないのです。

 

仕事辞めたい3年目を乗り切って希望職種に就けた女性の体験談

 

新卒で入社して3年の女性です。
社会人をしていると、仕事を辞めたくなる場面が何度も出てきます。

 

その中で、社会人になってから営業部門に配属されて、3年間がとても辛く辞めたい心境でした。
希望の職種がSEだったこともあったので、予想外の配属で、その気持ちは強いままでした。

 

営業の仕事を辞めたい!2年目が過ぎて3年目を耐える

しかし、石の上にも3年という言葉があるように、ともかく3年間は仕事を踏ん張る気持ちに切り替えたのです。
しかし、新卒の女性社員にも容赦なく売上げのノルマは課せられます。

 

そのプレッシャーたるもの、上司からは罵声に近い言葉を浴びせかけられることも多く、精神的にはとても辛い時代でした。
後から考えると、問題のある上司の振る舞いに、自分でもよく耐え抜いたなと、自分自身を褒めたいくらいです。

 

仕事辞めたいのに3年目を耐える理由

3年間、辛い仕事に耐えることができたのは、それを過ぎると自分の希望の職種に配置転換の希望を出せるからでした。
3年間耐えて耐えた結果、晴れてシステムエンジニアの道が開けて来たのです。
これによって、4年目からは自分の理想とするSE仕事に就くことができたのです。

 

SEの仕事は営業とは異なる苦しさもありますが、自分の好きなジャンルなので、苦しく感じることはありませんし、営業時代に鍛えられた精神力に支えられているかもしれません。
とは言っても、営業を我慢できたのは、SEになりたいという思いからでした。

 

何か具体的な目標を持てば、辛い仕事にも耐え、辞めたい気持ちを乗り越えることができます。
辞めたくて仕方ない気持ちの人は、一度試してみてください。

TOPへ