アパレルの仕事を辞めたい!人手不足でもないのに休めない!

 

アパレルの販売職で働いていた時のとこです。
私はその店で中堅どころとして働いていました。

 

接客に加えて、ダイレクト・メールの作成やお電話でのお客様のお誘いなど、アパレルの仕事は毎日ハードで、朝の8時から夜の22時までの長時間労働でした。

 

お給料がつくのは夜の6時までで、それ以降はサービス残業の毎日。
それでも、アパレルの仕事が好きだから、お客様が好きだから働けていました。

 

そんなある日、父が亡くなりました。
突然のことで、頭が真っ白になりました。
とにかくすぐに父のところに行かなければ!と思い、すぐに店長に報告しました。

 

「父が亡くなりました。」
私はきちんとそう報告しました。
店頭で涙を流すわけにはいかないので、ストックで忌引きを頂くご相談をしました。

 

当時、お店は店長を入れて8人のスタッフが在中していました。
全国のデパートに大体お店が入っている大手のアパレルショップの中でも、さらに大きな規模のお店でした。
決して、人手不足のお店ではありませんでした。

 

にもかかわらず、店長の口から出たのは信じられない言葉でした。
「あなたの冬休みまだ残ってるから、それを使ってあげるわね。」

 

一瞬言っている意味が分かりませんでした。
しかし、冬休みを消化していない私が忌引きを使用すると、勤務日数が減って売り上げが下がるのを敬遠しているんだと、すぐにわかりました。

 

結局、実の父が亡くなったのに忌引きを使わせてもらえませんでした。
心無い店長の一言に「こんな仕事辞めてやる!」と思いましたが、父が私の仕事を好きだったことと、私を待っていてくださる顧客様のあたたかいお気持ちのおかげで仕事を続けることができました。

 

アパレルのバイトの仕事を辞めたい

 

20代前半の時、紳士アパレルの販売員として勤務していました。
アパレル販売員は初めてだったので、時間給のアルバイト採用でした。

 

アルバイトと言っても一日8時間勤務の週5日、社員と勤務形態は全く同じでした。
初めは、アパレル販売員としても不慣れだし、アルバイトであることに不満はありませんでした。

 

新卒じゃないと正社員になれないならアパレルの仕事は辞めたい

しかし二年以上勤務を続けていると、店長補佐のような仕事までこなすようになりました。
4-5人いる他のパートやアルバイト販売員さんの指導であったり、勤務シフトの作成であったりと店舗運営では重要な役割です。

 

20代半ばを過ぎて、アパレルの仕事に慣れれば慣れるほど、お給料や待遇面で不安が生じるようになってきたんです。

 

他の店舗ではアルバイトから正社員の登用される人がいると聞いていたので、会社の上司に正社員として勤務したい旨をお伝えしました。
アルバイトのままでは生活出来ないからとはっきり伝えると、女性の中途社員枠は少ないので出来ないという返事です。

 

アパレルの仕事を辞めたいと思って3ヶ月後の辞めました

店長や他の正社員のアパレル販売員さんは男性ですが、長期間働いているアルバイトの仕事とそれほど業務内容は変わりません。
女性だからという理由で社員登用できない会社で、もうこれ以上働けないと思い仕事を辞めたいと思うようになりました。

 

自分が努力することで変化が訪れるなら仕事も頑張れますが、この理由では無理です。
三か月後に辞めて転職に向けて動き出しました。

TOPへ