事務員辞めたい!零細企業の事務が大変すぎる体験談!

 

私が勤務している会社は、零細企業の建築業で、家族経営で社員は4人ほど。
事務員は私一人です。

 

私が就職したときは事務員がもう一人いたのですが、職人が足りず外の作業に毎日駆り出されることになりました。
でも零細企業の為、事務員を増やすこともなくやってきました。

 

社長は、私を採用するさいに子供がいることも理解してくれた上で、「仕事さえできていれば、休んでもかまわない」と言ってくれて、とても良くしてくれています。
時には風邪で仕事を休むこともありましたが、今までは上手くいっていました。

 

零細企業の事務員は替わりがいないので大変!

今年に入って、子供がインフルエンザにかかり、休んでいる間に家族全員インフルエンザで倒れていました。
一週間ほどお休みをいただいたのですが、2人目の子供は熱が引いてまだ1日目、あと2日間休まないと通園できない状況でした。

 

しかし、私しかできない仕事の期限が迫っていたので、子連れで出勤させて頂きました。
ところが、社長の家族の方に「休んでいる間大変だったのよ」と、大丈夫?の一言もなく愚痴を言われました。

 

零細企業の事務員は家族に愚痴られるなら仕事辞めたい!

事務員の作業は、家族の方はノータッチなので大変だったのは社長です。
家族の方が大変だったのは、電話に出なきゃいけないから出かけられない、電話に出ても仕事内容がさっぱりわからないという愚痴でした。

 

迷惑おかけしたのは承知していますが、インフルエンザで倒れていたので、どうにもできない状況です。
電話や外出できないといった状況くらいで、愚痴を言われるのはとても嫌で、仕事を辞めたい気持ちになってしまいました。

 

なぜなら私が休んでいる間も、仕事の電話が個人携帯にかかって来ており、文句を言われるほど仕事をほったらかしたつもりはないからです。

 

零細企業の事務員は給料も安いので下手に出るのを止めました!

仕事とは無関係な家族の都合で、文句を言われるなんて嫌すぎて、仕事辞めたいと思いましたが、それも馬鹿馬鹿しいと考えるようになりました。
それからは、もう話を聞いても右から左に聞き流しています。

 

そもそも、私が勤務している会社は零細企業で給料も安いのです。
今は人手不足ですから、求人募集しても安い給料で働いてくれる人は少ないのです。

 

私自身、子育てに理解のある社長だから、仕事を続けているわけですから。
何も分かっていない社長の家族の言うことは、基本的に無視することにしています。

TOPへ