仕事辞めたい?辞め癖がつくと最悪の人生になる!

 

ほとんどの人は、2・3度ほど、本気で、仕事を辞めたい、と考えたことがあるはずです。
仕事の内容がつらい、人間関係が上手くいかない、思うように成績が上がらないなど、他にも様々な理由があると思います。

 

結論から言うと、仕事は、よほどのことを除いては、極力続けた方が良いです。
なぜなら、一度辞めると、辞め癖がついてしまうからです。
勿論、スキルに自信があって将来のビジョンがはっきりしている場合、その仕事を続けることによって、病気になってしまいそうな場合、または、経済的にやっていけそうにない場合は別です。

 

私も長年仕事をしてきて、色々な人を見てきましたが、一度、自分の感情にまかせて辞めた人は、その後、どんどん職を変えてしまって、辞め癖になることがほとんどです。
もし、安易に悩んでいると言うのであれば、現状を維持したほうが賢明でしょう。
とにかく、嫌だから辞める、という辞め癖だけは避けなくてはなりません。

 

もし、どうしても仕事を辞めたいと言うのであれば、一度、自分の退職理由をしっかり吟味してみることも大切です。
特に、一人で考えてばかりで結論が出ないときは、専門のカウンセラーに相談してみるのが良いでしょう。
専門家の意見を聞くことによって、現実が理解できるようになり、今後の方向性が見えやすくなると思います。

 

辞め癖がつくと、どんどん落ちて、最悪の人生が待っているだけですよ。。

TOPへ