キャバクラは給料安い、出費多い、辞めたい娘が多いですね!

 

20代の頃にキャバクラで働いていて、今のように人気のある職種ではなかったので、他人に仕事を聞かれたら接客業と答えていました。
超売れっ子ならまだしも、夕方から夜中まで店で働き詰めで、給料は普通のOLさんとあまり変わらない額でした。
ほとんど休みもないし、お客さんを店に呼ぶために電話ばかりしていた記憶があります。

 

店に出る前には美容室に行って髪を整え、定期的にネイルや脱毛サロンに通い、エステにも行っていたら、お給料を貰ってもマイナスになっていたのです。
不規則な生活で体調も崩しやすく、辞めたいと思いながら毎日出勤していると心が病みそうになりました。

 

全然貯金もできないまま何年も過ぎて、20代後半になって年齢的にキャバを続けるのも難しくなって辞めました。
入店してから半年間くらいは何とか頑張っていましたが、その後は辞めたいと考えながら惰性でやり過ごしていた感じです。

 

その後、同じ接客業でも昼間に働けるアパレル系の仕事に転職することができて、給料は安いけれど精神的に救われました。
キャバクラの仕事を経験すれば、他の仕事は多少キツくても何とか乗り越えられます。

 

忍耐力が身に付いたという点ではキャバクラも経験して良かったですが、あれほど先行投資しなくてはいけない仕事も珍しく、辞めたいと思う女性が多いのも納得できます。

TOPへ