非正規の仕事辞めたいのにお金がない体験談

 

教育関係の施設で、専門スキルが必要な事務作業をしています。
業務の内容自体はとても好きで、この仕事をして10年目になります。
立場は常勤の非正規職員、なのではっきり言って、お金はないですね。

 

職場の中ではちょっと特殊な立ち位置で、他の職員さんとは違う業務をしています。
お給料は決して良くはありませんので、お金がないのは承知の上で、好きな仕事を楽しくやっていました。

 

お金がない非正規社員の仕事を辞めたい

しかし、7年目くらいから、非正規の仕事は辞めたいと思うようになってきました。
スキル自体は上がって、できることも増えるようになりました。
そうするとだんだん、正規で雇われている職員さんの肩代わりをさせられるようになってきました。

 

正規の職員さんが有休を使えるように、作業を肩代わりするように言われたり、専門技術を必要とする業務を任されたり。
その理由は「仲間だから協力し合うのが当たり前」。

 

ちなみに私の仕事は、専門職だから分からないので手伝えないそうです。
そういった気風に、誰も疑問を持つことなく当たり前にやらされます。

 

サービス残業が当たり前の職場で、正規と非正規の給料の違いなど誰も考えません。
非正規だと給料が低いので、本当にお金がないのです。

 

お金がないと仕事を辞めたいと思うようになる

好きでもない、正規職員の代わりをするなら、もっとお金を出して欲しいというのが、正直な気持ちなんです。

 

「え?非正規なの?知らなかった!」と言われます。
その割に、飲み会などの幹事や準備は、作業量が少ないという理由で回ってきます。

 

すべてを改善していくわけにはいきませんが、上司と相談し、状況は一進一退しています。
上司が変わる頻度が高いので、何度も1からやりなおしです。

 

非正規という立場で、この先お給料も上がる見込みはないので、いくら仕事が好きでも先が無ければ、辞めたいと思うようになりますよね。
お金がないと、将来も不安ですから。

TOPへ