新人教育辞めたい!新人を教える仕事にうんざりの体験談!

 

私のいる職場は人の出入りが早いところでした。
新しく人が入ってきても仕事を覚える前にやめたりしていました。

 

最初新人教育をしている先輩がいたのですが、その先輩が辞めてしまい私が新人教育をする立場になりました。
新人さんに仕事を教えるということは、自分の仕事もしながらになるので、思った以上に大変でした。

 

説明しながら仕事をするため、今までは残業をすることがなかったのですが、自分の仕事を終わらせるために残業をするようになりました。
新人さんが居着いてくれれば、自分も楽になります。

 

そのため一生懸命教えていましたが、私の職場は業務が多いので覚えることもたくさんあります。
特殊な仕事の割りに給料はそこまでよくないので、人がどんどん辞めていくのです。

 

例に漏れず私が教えていた新人さんも、使用期間を終わることなく辞めて行きました。
そんなことが一年以上続くいたのですが、新人を教える仕事プラス自分の仕事で残業が続いていきました。

 

中には休日出勤をすることも増えて行きました。
そのため、だんだん自分が追い詰められていきました。

 

その時に本気で仕事を辞めたいと思いました。
しかし、私は考え方を変えることで、仕事を辞めたいと思わなくなりました。

 

それまでは自分の仕事を止めてでも新人さんに説明をしていましたが、それを少しやめて、自分の仕事を少し優先させることにしました。
おかげで残業や休日出勤は減っていきました。

 

休むことができるようになり、仕事を辞めたいという思いつめた考えは無くなりました。
おかげで新人さんに余裕を持って教えることができるようになりました。
余裕を持つというのが全てにおいて大切なのだと思いました。

TOPへ