うつ病で仕事辞めたいのは甘えじゃない!代表的な症状と退職したい時の辞め方

 

最近、長時間労働などによる過労で体調を崩したり、うつ病で自殺に至ったりという方が多くなっています。
同じような仕事の状況でも乗り切れている人がいるから、自分が悪いのではないかと思ってしまう方もいるかもしれません。

 

しかし、体力などは人それぞれですから、耐えられないからいけないという事ではありません。
たまたまその仕事や職場が合わなかっただけかもしれないのです。

 

仕事辞めたいのに言えないと重いうつ病になって苦しむかも

自分を責めすぎると、精神的な重荷を抱えてしまうことになり、うつ病で自殺などに至ってしまいます。
自殺まで進まないとしても、重いうつ病などで数年苦しむということになって人生を台無しにしてしまいます。

 

このような事態を防ぐため、とりあえず今の状況を変えてみるとのも必要です。
単なる怠けではなく、本当につらい、仕事辞めたいと思っているのなら、辞めるという選択肢もあるのだという事を覚えておきましょう。

 

うつ病かもと思ったら仕事を休むことが重要

組織の一員として働いている時には、客観的に判断するということが難しくなるものです。
周りから見たらそれは辞めたほうが良いという状況でも、頑張ろうとしてしまいがちになります。

 

家族や友人など、信頼できる人に相談をしてみましょう。
話を聞いてもらう事で、どういった状況なのか自分のことを客観的に判断しやすくなるでしょう。
重いうつ病になってからでは、取り返しがつかなくなってしまいます。

 

うつ病になるような仕事は辞めた方がいい

精神や身体を壊し働けなくなったら、会社は非情ですよ。
あっさり切り捨てられて終わりです。
うつ病気味で仕事を辞めたいなら、我慢したり、自分を責めてはいけないのです。

 

自分の精神と身体は、自分で守るしかありません。
うつ病になってから仕事を辞めたのでは遅いのです。
終身雇用の時代ではありませんので、会社を辞めたからといって、人生まで終わるわけではありませんよ。

 

うつ症状のチェックと仕事辞めたい時の退職したい時の辞め方

 

うつ病の前兆となる代表的な症状は以下の通りです。

 

  • 楽しみや喜びを感じない
  • 何か良いことが起きても気分が晴れない
  • 趣味や好きなことが楽しめない

出典:厚生労働省、こころの耳

 

このような症状が出ているなら、うつ病の前兆かもしれません。
心当たりがある人は、すみやかに医師の診断を受けることをおすすめします。

 

仕事辞めたい理由が、うつ病なら診断書をもらって辞める

心療内科等で、うつ病であることが診断されたら、診断書をもらいましょう。
実際に診断書を提出するかどうかは別として、労災等で会社を交渉する際に必要になるからです。

 

とにかく辞めたい、退職して関わりたくない気持ちなら、うつ病の診断書は不要です。
退職の際には、一身上の都合で・・の定型書式を提出すれば問題ありません。

 

うつ病が理由で仕事を辞めたいのは甘えではない!

心が弱っているのに、必要以上に頑張って症状を悪化させても、会社は責任を取ってはくれません。
うつ病で仕事を辞めたいと思う気持ちは、甘えじゃありませんよ。
必要以上に頑張って、自分が壊れてしまわないように注意してくださいね。

 

参考:仕事を辞めたいのは甘えてる?甘えじゃない?

仕事辞めたいのはうつ病かも?代表的な症状と退職したい時の辞め方 の関連記事

仕事辞めたい体験談|辞めたい理由と辞めた時に後悔しない転職方法
仕事辞めたい時の転職サイトと転職エージェントBEST5!
TOPへ